■■ ちっちゃくちっちゃく雑談 ■■
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
美しい人 小林麻央さん

これまで小林麻央さんが闘病しつつブログを綴ってらしたことは、流石に世の中に疎い私でも報道で知っていた。

が、読んだことは無かった。

特に理由はない。元々特定のブログを読む性質ではないからだ。


そんな中、彼女が亡くなった。

その報を知ったのは、勤務中休憩時間の同僚との会話でだった。

その時の私の第一声は、「えっ!そんな急な!」

そして続いた言葉は「お子さん、まだ幼いのに…無念やったやろな」

正直なところ気の毒だと思ったし、全く根拠の無い勝手な自信だがまだまだずっと命を繋いでくれるものだと思っていたのでショックだった。


なので帰宅後、彼女の死やこれまでのブログの内容を伝える報道も食い入るように見た。

そこで、私はカウンターパンチを食らったような衝撃を受けた。


何故かと言うと、その報道で、BBCに小林麻央さんが寄稿なさった全文が紹介されていたからだ。

http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-38073955


一部を抜粋すると、


例えば、私が今死んだら、

人はどう思うでしょうか。

「まだ34歳の若さで、可哀想に」

「小さな子供を残して、可哀想に」

でしょうか??

私は、そんなふうには思われたくありません。

なぜなら、病気になったことが

私の人生を代表する出来事ではないからです。

私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、

愛する人に出会い、

2人の宝物を授かり、家族に愛され、

愛した、色どり豊かな人生だからです。



…私は、思わず彼女を可哀想だと思った自分を恥じ入りました。

そして、確かに小林麻央さんの仰る通りだと強く思いました。

こんなに心から共感し琴線に触れてくる思想なのに、言われるまで気付く事が出来なかった。

本当にカウンターパンチを食らった気分でした。


同時に、小林麻央さんは、なんと美しい人なのか!と思いました。

容姿のことだけでなく、心がと言うか、魂の部分でとても美しい。


これまでの私の人生で、そんなに数は多くないが、書物であったり直接の言葉であったり何らかの媒体で、価値観をガラッと変わらせてくれるような言葉に出会うことがある。

小林麻央さんの言葉は、私の中で間違いなくその一つとなった。


遅れ馳せながら3日程かけて、彼女のブログの全ての記事を読んだ。

軽々しく感想を述べることに躊躇してしまうが、文字にしていない感情や生き様が、行間や余白から伝わってくる気がした。


縁もゆかりもなく、申し訳ないが特別ファンと言う訳では無かったが、いち個人として、一人の人間として彼女をただただ尊敬する。


私より10歳も年下の彼女に、とてつもなく大事な事を教えられた。

彼女の美しさが眩しくて眩しくて。


ご遺族にとって、今はどんな言葉を並べられても慰めにもならないだろうが、こんなに魂の美しい人に出会い影響しあえたことは、なんと素晴らしく色どり豊かなことなのだろうかと思う。

彼女の僅かな文章だけでも、私のように影響を受けるくらいなのだから。

勿論、もっとずっと人生を共有しあいたかったであろうことは明白なので、これこそ勝手な余計な言葉ではあるのだが、小林麻央さんの言葉を借りれば、ご遺族のことも可哀想だとは思われたくないに違いない…と感じている。

大切な人を亡くした喪失感は、また別の次元の話ではあるが、その悲しみも体の一部として取り込んで色どり豊かな人生だと胸を張って仰って頂けることを願ってやまない。

| 20:24 | 時事 | comments(2) | - |
不謹慎狩りとやら
タイトルの不謹慎狩り・・・なんだかなぁ。

こうやって騒ぐこと自体が良くないことなんだろうけど、

色々思うことを書き連ねる。
Read more ...
| 11:47 | 時事 | comments(0) | - |
今更感想!?タイタニック
まとまった休みが取れて休暇満喫中の私。
ふとブックオフに足を向け、タイタニックBDに目を留める。
いわゆるなんちゃらエディションとかで、未公開シーンだの解説などが
入っているタイプで、普通にノーマルの本編しか観たことのなかった私は
興味が惹かれて買ってしまった。

で、大変なことになってしまった(笑)。
何がって?
本編まるごと解説3種類と、本編、未公開シーンなど、寝食忘れて(食は忘れてない:笑)
見入ってしまったのよ。大変でしょ。
同じ映像を計4回も観た計算・・・一本3時間近くもあるというのに、一体私は
何をしてるのだろうか。

しかも、いつものパターンですよ。
色々知りたくなりネットを漁り、ひたすら他人の感想も読み耽り、
こうして自分の感想を載っける始末・・・・。
こう言ってはなんだけど、色んな方々の感想とさほど変わんないものになると思う。
色々読んだけど、どうしても似たり寄ったりの感想になっちゃうよね。
目のつけどころも大抵楽団の方達であったり、音楽の素晴らしさや、史実の残酷さで
あったり、ローズが自由奔放に生きて良かった!と、テーマがはっきりしている分、
当然のことながら観客達の感想は絞られる。

・・・てことは、今から語る私の感想も、目新しくも何ともないんだけど、
なんつーの、アウトプットすることが今の私の心情的に第一優先なので、ひとまず書く!!
(超有名作品で今更ネタバレを考慮する必要もないかと思うし、いつも通りネタバレ全開です。)

Read more ...
| 16:32 | 映画 | comments(0) | - |
ミュージカルHEADSUP!
※ケータイからの書き込みなので改行されず読みにくくてごめんなさい! ゆうひさん目当てで、観に行ったミュージカル。 正直なところ、そんなに内容は期待してなかった。 かなりの偏見ですが、ラサール石井さんの原案や演出で、 哀川翔さんを主役に据えるあたり、それなりかな、と。 ですが、ラサール石井さん、ごめんなさい! 大変失礼を致しました! こんなに笑えて、そして泣けて、 幸せな気持ちにさせてもらえるなんて…。 もう、ゆうひさん度外視で感動しました。 なので、その思いをしたためておきます。 思いっきりネタバレしながらですが…。
Read more ...
| 18:19 | 舞台 | comments(0) | - |
ちはやふる 恋愛面について語る
 漫画のレビューは基本的に完結したものしか書きたくないのだが、
そうこうしてるうちに完結しても時間が無くて書けない作品ばかりに
なってしまったので、やっぱり読み終わったタイミングで熱き思いが湧いて
書き込める時間を捻り出せる時に書かねばならぬ(大袈裟:笑)と思い書く。
ま、厳密に言うとレビューというのとは今回違う路線だけどね。

さて、今回取り上げるのは、先日ざっと一気読みした「ちはやふる」。
話題にはずっとなってたし、昔に10巻くらいまで漫喫で一気読みした時もあったので、
この程夜中に急きょストレス解消の為漫喫へ飛び込んで26巻まで読んでみた。
睡眠時間が削られたのでストレス解消になったかは別として、現実逃避は出来たかも。

で、色々と名台詞だったり競技かるたに賭ける思いだったり語りどころは
沢山あるのだが、今回は、この作品の恋愛面についてだけ語りたいと思う。
私の事だから、どうせ思いっきり脱線するかとは思いますが(笑)。

「ちはやふる」をご存知の方には言うまでもないことですが、
主人公が誰とくっつくのかという点もこの作品の気になるところ。
さら〜っとネット界を巡回すると、凄いもんね(笑)。
まぁ、26巻で方向性はかなりはっきりくっきりしたと思うけど、
それでもまだ読者の見解は分かれているようで。
いや〜、このどっちとくっつか予想、もっと初期の段階で私もしたかったよ(笑)。

なので、このタイミングでは後出し感満載なのだけど、
遅ればせながら私の見解を述べます〜。
(相変わらず前置きながっ)

Read more ...
| 23:57 | 漫画 | comments(4) | - |