■■ ちっちゃくちっちゃく雑談 ■■
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
現状
 ある時、私は我慢が出来なくなって
思いの全てをS子へぶちまけた。

それは去年の私の誕生日。
彼女と二人で昼からケーキバイキングへ行く約束をしていた。
だが、案の定体調が悪いと朝早くに電話があった。
その前の日かその前の日かにオトコと遊んでいたにも関わらずだ。
その時は誕生日という事もあって、更にがっかりしてしまったので、
いつもならスグに取り下げるところを、少し渋ってみた。

すると、何とか行くとの返事。
なんだ、行けるんやんやっぱり、と思ったのも束の間、
なんとS子の母親から断りの電話が来たではないか。

これに私はブチ切れた。
Read more ...
| 10:32 | S子の話 | comments(0) | - |
怒り

 Uの精神に障害がある
という意味の事をS子が言ったのだ。

精神病というものは様々で、確かに私のような素人が判断出来るものではなく
一見問題なぞ無いように見えても精神を病んでる方もきっと多いのだろう事は分かる。
私が子供の頃には耳にしなかった多動症とか様々な精神の病気は昨今よく聞く。
そういうあまり一見目立たないというか、明らかに反社会的行動を取る病気とは異なる
精神病も多くあるらしい。
だから、所詮素人の精神的にすこぶる健康の私が偉そうには言えないのだが、
S子の場合、病気で片付けようとしているきらいがあるので私にはそれが許せなかった。

仮にだ。
実際に病気と診断されたとしても、それが後天的に環境によって生み出されたものか、
先天的に生み出されたものかによっても違う。

Read more ...
| 09:48 | S子の話 | comments(0) | - |
不満
 私には鬱の人の状態は分からない。
分からないからそんな事を言う、と言われたらその通りなのだが、
少しでも動ける状態なら普段出来ていない分頑張りたいと
思うものではないだろうか、と思うのだ。鬱状態の時に無理をしろとは言わん。
そんな時には助けを求める場所があるなら求めるべきだ。
ただ、この鬱というものは包帯が巻いてある訳でもなんでもない。
なので、本人の自己申告のみで状態を測るしかない。





Read more ...
| 09:36 | S子の話 | comments(0) | - |
状況説明
 本日仕事をさぼった。
何かしたい事があってさぼるなら気持も違うが
・・・と言うとソレはソレで語弊があるが(汗)、特に用事もなく
ただ何となくさぼった時って後味悪いというか、情けないというか、
もひとつスッキリしない。それならきちんと仕事に行けばいいのに。
言い訳しようと思えばいくらでも出来るけど、所詮言い訳で、結局は
甘えた自分を思い知って、息子に悪い影響を与えているよなーーーと後悔。
とはいえ、休んでしまった以上グダグダ言ってては、本当に意味がないので
休日を謳歌せねばね。

という訳で、
休日を謳歌する為にも、自分の中に溜まっている膿をここで吐き出す。
Read more ...
| 09:01 | S子の話 | comments(0) | - |