■■ ちっちゃくちっちゃく雑談 ■■
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
バンクーバー五輪フィギュアスケート感想
今回のオリンピックの超目玉フィギュア女子シングル実に楽しませて頂きました。
上手い事昼休みの時間帯になってくれて嬉しい限り。
携帯のテレビを観る人達のなんと多かった事か。
休憩室ではどのグループも固唾を飲んで見守り、
ジャンプをする度に「おおおぉ〜〜」と野太い声が響き渡る・・・※注 声の主はレディ達

 とにかく今回はレベルが高かったな〜〜〜と思う。
伊藤みどり選手現役の頃からフィギュアの虜だが、まぁ転倒は
最終グループであろうがあるのが当たり前・・・と言ったら語弊があるが、
最終グループ全員が揃いも揃って転倒なしでまとめ切ったのはあんまり記憶にない。
素人からすればオリンピックに出る人は基本そうであってほしい理想がある。
それが大変な事は想像出来るが飽くまでも理想としては、それでこそオリンピック!
ひと昔前ならば、最終グループの誰もが金メダルのレベルだと思う。
採点法も違うしね。
ほんとイイもの見せてもらいました。

ただ、その中でも質が抜きんでていたのはやはりキム・ヨナ。
真央ちゃんも凄かったけどね。
さて、ここからは物議を醸し出している二人の点数について私なりの意見を。


 

結論から言えば私はキム・ヨナの金メダルに大納得。
そりゃ日本人として真央ちゃんを応援していたし、
トリプルアクセルを二度も決めた事に関しては拍手大喝采を贈りたい。
なにせ少し前まではスランプに陥っていたというのに、よくぞここまで
自分を成長させてこれたものだと本当に尊敬します。・・・・が。
 
点数の付け方にキム・ヨナに加点がつきすぎという意見が
メディアで多くなるのは、真央ちゃんびいきとしてという色眼鏡が
どうしてもついて回るからかな、と私なぞは意地悪く思ってしまうが、
まぁ、決着のつけようの無い論争である限り仕方のない事だとも思う。
難易度の高い技に挑戦し、ただ着氷する事だけでも凄いとは思う。
でも、やはり完成度・出来栄えというところのラインをしっかり守らないと
今後どんどんトリプルアクセルを決める選手が出てきた場合、
「以前は着氷するだけで加点があった」「難易度の高い技に挑戦する事に意義があった」では
オリンピックに限らず全ての試合のジャッジの軸がブレる。
その為に技のひとつひとつに基礎点があるワケで、難易度の高い技の
基礎点が低いなどと今更言ったところで仕方がない。
どういう決め方でもって基礎点が決められているのかは知らないが、
リスクに比べてバランスが悪いというのならもっと早くに声を上げるべきだし、
それなら誰に言われずとも改定されているだろうし。

で、キム・ヨナに加点がつけられているのに納得いかない、という声も
多いけど私はそうは思わない。技の前後の流れが美しい。
ブツ切れこま切れの「技」そして「技」ではなく、始まりから終わりまで
トータルでひとつの「技」と言えるような美しさだったと思う。
ひとつひとつの仕草や身のこなしもなめらかで、例えるなら真央ちゃんも含めて
他の選手が普通のアニメの動きならディズニーアニメの動き。
どっかで聞いたけど、ディズニーアニメは普通のアニメに比べて何十倍ものセル画を
使用しているとか。それによってあのなめらかな動きなんだと納得した覚えがある。
話が逸れたが、とにかく技そのものの素晴らしさもさることながら
技に入る前と終わりのなめらかさは凄いと思う。
それに加えてあの表現力。どんな曲も自分のイメージにしてしまう演技派女優という感じ。
ま、主観が入っていると言われればそれまでですが、それを承知でついてに
真央ちゃんも私なりに評すると、 真央ちゃんはアイドルなんだよな。演技派女優ではない。
生まれもってのものか、経験値が少ないのか、彼女には凄み・深みが無い。
凄く綺麗に歌う。時折音をハズすのも愛嬌。でも感情こもってないよね、みたいな。
そういう意味では今回の選曲はイメージに合ってなかったんで損してる。
オズの魔法使いならイメージぴったりだけどね。
何かの番組で観たけど、「鐘」の途中で顔をはたく演技があるけど、アレって
怒りを表現しているらしい・・・私はずっと何かから逃れようとしているのかと思ってた。
コーチが「怖い顔するのよ」と指導している所も映っていたけど、形だけ追いかけても
曲を理解してなければほとばしるような感情を感じるワケがない。
だから技の方に重きを置くのは解らないでもない。
むしろソレでいくのは現段階では正解だとも思う。
でも、難易度が高いあまりに技の前後がどうしても安易なものになってしまったようだし。
初だけに凄い偉業となるのは解るし素直によくやった!!と思うけど、
難易度が高いんだから完成度は二の次でしょ、という論理は乱暴だと思う。
 
凄く難解な漢字の単語をいくつ使われていようとも、つっかえたり、接続詞を
間違えて朗読されては美しくない。単語を操る事には感心するが、
それよりも少々易しい単語を使われていてもスラスラと淀みなく朗読される方が心地よい。

これは私の勝手な想像だけど、真央ちゃん自身にも周りにもトリプルアクセルを決めれば、
それも二度も決めればそれだけで勝ちは決まりでしょという
おごりがあったんじゃないかな、て思う。特に真央ちゃんはSPにミスが多くて、
逆にSPをノーミスでこなせば勝ちは揺るぎないという意識がいつの間にか刷り込まれていそう。
技の磨きよりもトリプルアクセルを「きめる事」、SPを「ノーミス」、にとらわれていたように見える。
勿論それも大事な事だけど、綺麗事・理想を言うなら決める事とノーミスは決定事項で
更にその上の完成度・出来栄えに目を向けてほしい。また、それがトップの条件な気がする。
 
私が恐れているのは、今の日本の風潮が『点数の付け方がおかしい』
まるで本来金メダルは真央ちゃんだったみたいになっているが為に
真央ちゃん自身もその考えに染まってしまう事。
皆、頑張ってスランプを克服してトリプルアクセルを二度も決めた真央ちゃんが
金を逃した事が悔しくて可哀想で、真央ちゃんの為になると思って
騒いでいるのかもしれないけど、それでは真央ちゃんの成長は止まる。
黒い気持ちに縛られる。
真央ちゃんは確かにトリプルアクセルを二回決めた。
何より自分自身の信じた道をその時出来る限りの力で出し切って銀を得た事に、
誇りを持ってほしいと思うし、実際日本国民にとっての誇りだ。それは紛れもない事実。
 ―――――その上で敗北を認める。
これまで抜きつ抜かれつで戦って負けた時には、SPで出遅れたから・・・トリプルアクセルを
失敗したから・・・と理由をつける事が出来たかもしれない。
でも、私の独断と偏見で言わせてもらえば、今回のFSでの氷への引っ掻かりと
その後のジャンプミスが無くても(決まってたと仮定して点数を加えても)、
キム・ヨナには及ばなかった。

何かのせいにして負けたと思うのと、敗北を認め現時点の自分がマックスでも
完成度まで極められなかった事実と向き合うのでは、今後の思考に大きく差が出る。
私は個人的に何かのせいにするのが嫌いだ。
突き詰めて考えればどんな事も自分の力不足未熟に行き当たるものだから。
人の上に立ちたければ、人の足を引っ張るのではなく、自分が這い上がる。
 
理由をつける事の出来ない何にも転嫁出来ない、己の敗北を認めるといういわゆる挫折は
多分今回が真央ちゃんにとっては初めての出来事だと思う。
ここで一皮剥けてほしい。この経験が表現力にも深みを出してくれる事を願う。
蛇足だけどキス&クライで座る時も出来れば股おっぴろげて座るのを
やめてくれるのもついでに願う。

あと、アラ探しみたいになっちゃうけど、精神力も鍛えてほしいかな。
SPで真央ちゃんの次のキム・ヨナは普通にスタンバイしてたけど、
FSでキム・ヨナの次の真央ちゃんは歓声が聞こえないように音楽を聴きつつスタンバイしてた。
実は私はリアルタイムでそれを観た時、負ける気がした。
敵の力を真正面に見られないのは自信の無さだ。というと言い過ぎかもしれないが
既に差があるな、と思った。
メンタルを保つ方法は人それぞれと言われりゃそれまでだけど、
何したって意識しないワケにゃいかないでしょ。相手の凄さはお互いが一番よく知ってるんだし。
もう相手は完璧にやってくるのが大前提でいかなきゃ仕方ない。
相手の失敗頼みで戦うつもりなら別だけど・・・ね。

凄い厳しい意見に取られるだろうけど、私は歯がゆくてそう思うだけ。
でも一度自分のおごりや、敗北を認めると、それまでの自分とは
比べ物にならない位に成長する。事実ジュニア時代にはキム・ヨナは真央ちゃんに
大敗しているし、自分に及ばない事がある事もその時に知っている。
先に逆境に出会いそれを乗り越えたのがキム・ヨナだった。
それが差だったのかもしれない。

だけど真央ちゃんの叩き出した点数だって普通なら凄い点数!ほんと素晴らしい!!
ただ上には上がいた、それだけ。
オリンピックは特別の舞台。
真央ちゃんにとっては他の試合でキム・ヨナを降しても意味は見いだせないかもだから、
四年後に期待!・・・キム・ヨナ引退してほしくないなぁ。どうなるのかな。
でもその頃には他にも若手が頭角を現してきてるかもね。
一人期待してる人がいるんだよね〜〜。村上 佳菜子チャン☆
ますます白熱して面白くなるわ〜〜〜〜♪

素人の無責任なお茶の間評価=私なんて、結局こんなもの。
アスリートの辛い努力も涙も見ておらず想像の域を出ないんで、
勝手な事を言ってるのは百も承知。勝手な期待を押し付け勝手な事を意見する。
その時ベストな演技を魅せてくれればそれでいい。
次のシーズンはどんな選曲かな。振付かな。衣装かな。楽しみ♪
でもとりあえずは五輪フィギュア楽しませてもらいました。
女子だけでなく男子もペアもアイスダンスも♪
選手の皆様お疲れ様でした。
| 00:26 | 時事 | - | - |
スポンサーサイト
| | - | - | - |